にきび痕

なかなか治らない凸凹にきび痕は、当院へ。

当院のにきび痕治療の特徴

当院のにきび痕治療の特徴

治療が難しいとされる凸凹になったにきび痕も、皮膚科専門医であれば適切な治療により改善させることが可能です。

にきび痕には種類があり種類によって治療法が異なるため、当院では正しい診断を下したあと、適切な医療機器を使用して治療を施します。

当院が得意とするにきび痕治療方法

アイソレイズ

日本の厚生労働省にあたるアメリカFDAに認可された光治療器を使用して治療を行います。
皮膚を吸引しながら光線を照射することで、炎症(にきび)・にきび痕・過剰な皮脂を抑制し、何度も炎症を繰り返すしつこいにきびや、赤みの残るにきび痕にアプローチします。
詳しくはこちらをご覧ください。

メソポレーション(併設のメディカルエステでの施術となります)

針を使用せず電気パルスによって一時的に肌表面に穴を開け、有効成分を導入する新しい美容成分の導入法です。
針を使用しないために痛みがなく、大量に有効成分が導入できるほか、これまでのイオン導入では難しかったヒアルロン酸・コラーゲン・トラネキサム酸・ビタミンA・C・E、CoQ10などの分子も、深く浸透させることができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
※メディカルエステのホームページへ

フラクショナルレーザー

ドット状のレーザービームを照射し、表皮から真皮上層を削ることで、自己再生力による皮膚の生まれ変わりを促します。
肌への負担が少なく、ダウンタイムが短い点が大きな特徴です。
詳しくはこちらをご覧ください。

インフィニマイクロニードルRF

極細の針を皮膚に刺入して、針の先端から高周波(RF)を照射し、熱エネルギーにより肌質改善を目指す治療法です。フラクショナルレーザーよりも深くまで熱作用が届くため、深いにきび痕を改善する効果があるとされています。
詳しくはこちらをご覧ください。

メディカルフォト(併設のメディカルエステでの施術となります)

当院で使用しているマシンはさまざまな波長の光を同時に照射できるため、色素沈着などの原因であるメラニンへの作用だけでなく、コラーゲン増加による美肌効果も期待できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
※メディカルエステのホームページへ

保険診療を軸に、
自由診療での肌トラブルまで
皮膚科専門医がトータルでケア

pagetop